消防用設備等・特殊消防用設備等の点検と報告

消防用設備用点検報告制度(消防法第17条3項ー3)

消防用設備等・特殊消防用設備等は、いついかなる場合に火災が発生しても確実にそれぞれの設備が作動するよう、日頃の維持管理が重要です。そのため、点検・報告だけでなく、整備を含めた適正な維持管理を防火対象物の関係者に義務付けられています

 

*点検報告義務違反

○点検結果の報告をせず、又は虚偽の報告をした者は30万以下の罰金又は拘留(消防法第44条第11号)

○その法人に対しても罰金(消防法第45条第3号=両罰規定)


■点検の内容と期間 

 !消防法により防火対象物は年2回(半年毎)の点検が義務付けられています

 ◇機 器 点 検(6カ月に1回)
消防用設備等の種類に応じ、消防用設備等の適正な配置、損傷、機能について定められた基準に従い、外観又は簡易な操作により確認します。


◇総 合 点 検(1年に1回)
消防用設備等の全部又は一部を定められた基準に従い、作動させ、総合的な機能を確認します。
点検報告書の作成


◇点検した結果を点検者一覧表及び点検票に点検者が記入「消防用設備等点検結果報告書」を作成します。

 

>>点検の流れ>>

  

点検実施者と日時、手順などを打ち合わせます。
建物内の人々や利用する人たちに点検の実施予定を知らせます。

ご契約のお客様には、弊社からご連絡をさしあげます。
ご都合のよい日程をご指示ください。


点検実施者が点検に必要な器具や資格を所持しているかを確認します。
適正な点検が行われているかを確認します。

ご質問やご依頼もお気軽にご相談ください。


消防用設備等・特殊消防用設備等が元の状態に復元されていることを確認すます。 不良箇所があった場合は、速やかに改修します。
点検済票(ラベル)が貼付されていることを確認します。
点検票等は、維持台帳に綴り保存します(※)

点検結果報告書は後日お届けいたします。
また、不備事項や改善事項などもご連絡差し上げます。


 

(※)消防長又は消防署長が適当と認めた場合、1年を経過したもの(原則は3年)については、点検票に代えて、点検結果総括表、

点検者一覧表及び経過一覧表を保存するだけでよいことになっています。

 

報告の期間(消防法施行規則第31条の6 第3項 第1号及び第2号)

◇特定防火対象物・・・1年に1回(店舗、ホテル、病院、飲食店など)

◇非特定防火対象物・・・3年に1回(工場、事務所、倉庫、共同住宅、学校、駐車場など)

 

消防用設備等点検結果報告書の報告先

防火対象物の関係者(所有者、管理者、占有者)が、各消防署へ直接提出します。

 

■主な消防用設備

     
・消火器    
・誘導灯及び誘導標識 ・避難器具 ・屋内消火栓設備
・非常警報器具及び設備 ・消防機関へ通報する火災報知設備 ・連結送水管
・スプリンクラー設備 ・水噴霧消火設備 ・泡消火設備
・消防用水 ・不活性ガス消火設備 ・排煙設備
・ハロゲン化物消火設備 ・連結散水管 ・粉末消火設備
・屋外消火栓設備 ・非常コンセント設備
(非常電源専用受電設備)
・動力消防ポンプ
・自動火災報知設備 ・非常電源設備 ・非常電源設備 (自家発電設備)
・ガス漏れ警報設備 ・非常電源設備(蓄電池設備) ・漏電火災警報器

 

■点検済票(ラベル)について

● 消防用設備等点検済表示制度

点検済票(ラベル)は、都道府県消防設備協会が一定の要件を満たしている点検実施者(表示登録会員)に交付するものです。

点検済表示制度は、消防設備協会がユーザーの立場にたって全国統一的に実施している制度です。

 

●点検済表示制度は、 消防設備協会がユーザーの立場にたって全国統一的に実施している制度です。

①消防用設備等の点検が適正に行われ、機能が正常であるものに、点検済の表示をし、点検実施者の責任を明確にするとともに防火対象物の関係者、利用者などに維持管理が適正に行われていることを知らせるものです。

②防火対象物の関係者・点検済票(ラベル)交付機関・点検実施者などが、消防用設備等の維持管理の適正化を図ることを目的に一致協力して推進するものです。

 

●表示登録会員は、協会が次の要件を審査し、登録した事業所です。

①消防設備士または消防設備点検資格者を有している。

②適正な点検を実施できる点検機器・工具を保有している。

③点検中・点検後に発生した事故により、人的・物的損害を与えたときに 賠償される損害賠償保険に加入している。(1号表示登録会員)

 

●点検済票が貼られることによって

①点検実施者の責任が明確になり、適正な点検ができます。

②点検日、点検の内容がわかります。

③次回の点検時期がわかり、維持管理の徹底が図れます。

④安全のシンボルマークとして、建物利用者に安心感を与えます。

⑤点検報告や立入検査などの行政事務の一部簡素化につながります。

 

表示登録会員が適正な点検を行った場合には、その証として設備等の所定の箇所に次のラベル(点検済票)を貼ります。

 

1号表示登録会員に交付)
2号表示登録会員に交付)
 

 

 

~消防用設備等点検の実績~

総合病院、介護福祉施設、医院、複合ビル、遊戯場、物販店、飲食店、食品工場、 物流倉庫、事務所、銀行、マンション、アパート、学校、幼稚園、 保育施設、会館、体育館、旅館、ホテル、立体駐車場、 車輌整備工場、寺院など