防災対策

 日ごろから万が一に備えて、次の準備をしましょう。

 

地震等の大規模災害により、物流やライフラインなどがストップした場合にも、自宅で生活が送れるよう、日ごろから、各家庭で必要な食料や生活用品などを備えておきましょう。

最低でも3日分。7日分以上あれば安心です。

東日本大震災では、スーパーなどに物を買い求める人で長蛇の列ができました。

大規模災害時には、入手困難となる可能性がありますので、各家庭で必要な食料品や生活用品を備えておきましょう。

 

一度に大量の食料や生活用品を用意するには、多額の経費がかかります。また、同時期に購入した食料は、同時に賞味期限が切れて消費しきれない可能性もあります。家庭でいつも購入している食料などを常に多めにストックしておき、賞味期限などが切れる前に日常生活で消費し、消費した分を買い足すことをくり返すこと(ローリングストック)で、無理なく、効率的に、家庭内備蓄が行えます。

 

水は必要不可欠です。大規模災害時には、断水してしまう可能性もありますので、各家庭であらかじめ用意しておきましょう。

飲料水は、大人1人1日3リットルが目安です。ペットボトルの飲料水をローリングストックなどにより用意しておきましょう。

また、トイレや洗濯などに使う生活用水も必要です。普段からポリタンクなどに汲んでおいたり、お風呂の湯をすぐ抜かないで活用したりするといった方法もあります。

 

 

 

電気やガスが止まってコンロが使えない場合、カセットコンロがあると大変便利です。お湯を沸かすことができれば、カップラーメンなどのインスタント食品が食べられますし、ご飯を炊くこともできます。あわせてカセットガスボンベも多めにストックしておきましょう。

 

避難所での生活に必要なものの用意

 

避難所での生活を想定して、調理なしで食べられる非常食や飲料水、体を衛生的に保つための着替え(衣類品)や衛生用品、ラジオや携帯電話の充電器、その他救急セットや貴重品などを用意しておく必要があります。

避難所での生活を考えると、様々なものを持ち出したくなりますが、持ち歩けない量になると、安全に早く避難することができなくなりますので、比較的軽くてかさばらないものを選びましょう。

たとえば、チョコレートやキャンディは、手軽に携帯でき、高カロリーのため、非常食に適しています。

また、家族の構成によって、必要となるものが異なります。乳幼児がいる家庭では、粉ミルクや哺乳瓶、紙オムツ また、介護を要する方がいる家庭は、介護用品や流動食、大人用紙オムツなどが必要です。

 

 

非常持出し品は、両手が使えるようリュックサックや非常持出し袋に入れて、いざというときに、持ち出せるようにしておきましょう。

また、建物倒壊や悪天候の中の避難に備えて、ヘルメット(防災ずきん)や運動靴(安全靴)などを用意しておきましょう。